×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。 始まりは装身目的ではなく呪術的なものであった。外敵から身を守る目的で魔力があるとされる物を常時身につけたのが始まり。支配者階級が出現すると自分の権勢、身分の高さを他者に示す目的で身につけた。宗教が発展すると神とのつながりを目的として十字架など宗教的なシンボルを身につけるようになる。さらに社会が裕福になると一般階級の人間も身につけるようになり、やがては本来の目的ではなく純粋に美しさを目的とした物に変化した。

注目の情報


おすすめテレビは??
1926年12月、高柳健次郎によって世界初のブラウン管を用いたテレビ受像器で電波を受信し、カタカナの「イ」の文字を表示させることに成功。そのブラウン管の走査線数は40本だった。 その後、1940年に開催が予定されていた東京オリンピックのテレビ中継のために研究・実験が進められていたが、日中戦争よりオリンピック開催が返上され、その後も戦争が激化することに伴い研究が一旦中断される。 終戦後、GHQによりテレビ研究の禁止令が出されていたが、1946年から再開され、1953年1月にシャープから国産第1号の白黒テレビが発売される(サイズは14インチ、価格は175,000円)。 同年2月にNHKが本放送を開始。 1960年7月、東芝から国産初のカラーテレビが発売される(サイズは17インチ、価格は42万円)。

靴*靴
靴(くつ)とは、履物の一種で、足を包む形のもの。サンダルのように靴底以外は紐や帯で固定するものもあるが、多くは足を完全に覆うことで固定する。どのくらいを覆えば靴とみなされるかの明確な基準はないが、サンダルなどで覆われる部分が少ないと靴とはみなされないこともある。 日本では中世以降ほとんど靴が使われなかったため、現代では靴といえば西洋靴を意味することが多いが、日本の伝統的な靴もある。ただしその意味では履と書いて区別することもある。 また靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。地下足袋も、足袋の範疇に含め靴に含めないことが多い。 文脈によっては、外履き一般を意味することもある。(例文:ここで靴を脱いでください) 靴はそれ以外の履き物に比べ、覆う面が多いために足を保護する効果が高い。他方、通気性や足の運動性は劣る。特に足指の運動がほとんどできないものが多い。

皿洗い3年
とにかく洗えばいいんだろうと、皿洗いを始めたのが最初の段階である。間もなく、やるからには、ピカピカにしてみせるぞ、と持ち前のチャレンジ精神が出てきた。ていねいに、徹底的に洗うのである。

透明なグラス
昇温によりガラス転移現象を示す非晶質固体[1]。そのような固体となる物質。このような固体状態をガラス状態と言う。結晶と同程度の大きな剛性を持ち、粘性は極端に高い。非晶質でもゴム状態のように柔らかいものはガラスとは呼ばない。詳しくは「ガラス転移点」を参照のこと。

私の大切なコップ
コップ(オランダ語:Kop、ポルトガル語:copo)は、紙、プラスチック、ガラスなどでできた取っ手のついていない小さな容器。また飲用に用いる容器を総称してコップとする場合がある。 ただし、陶器製の取っ手のついた容器はカップ(マグカップ、コーヒーカップ)を用い、ガラス製の容器としては、素材に着目した呼称であるグラスを用いるなど、総称としては少しずつ重複しあう言葉がある。形状を表す、ワイングラスやタンブラー、ゴブレットなど特定の用途に用いられる容器を表すときは、明確に区別される。

シャネル一番
1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。 1913年 - リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。 1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、ココはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。 1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージー素材を取り入れたドレスが話題となる。 1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。シャネル初の香水「No.5」を発表。 脂肪族アルデハイドを大胆に使用した香調で話題となる。「No.5」は試作品番号。その後も、喪服でしか使われなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、 ツイード素材のスーツを発表して話題となる。 1939年 - 第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。 1944年 - ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあったため、連合軍によるフランス解放とともにスイスへの逃亡を余儀なくされる。 1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。 1970年 - 香水「No.19」を発表。 1971年 - 住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。 1994年 - シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。 1996年 - 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。 2001年 - 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。 2004年 - 12月、銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。

下着のASIA
20世紀の初頭には下着市場は飽和状態になり、競争から様々な工夫や機能が生まれる。現在でも下着大手のヘインズ社は、この競争を勝ち抜いた会社の1つであり、ユニオンスーツの最大手になる。紡績技術も進化を続け、1着のユニオンスーツを1時間未満に作れるようになる。 女性用下着は依然、コルセットが使用されているが、化学繊維やより強靭な布が織られるようになり、鯨の骨や鋼鉄の必要性はなくなった。

浜辺のお恵み
砂浜とは、海岸に砂が堆積している場所のことである。砂は波によって容易に移動しやすい粒子であるから、砂からなる海岸というのは、砂が運ばれて来て堆積した海岸、と考えるべきである。外海に面した波当たりの強い場所は岩礁海岸になりやすく、内湾は泥が貯まって干潟になりやすいから、その中間的な部分で砂浜が生じるが、実際には様々な場合がある。 また、サンゴ礁においては、造礁サンゴの活動は新鮮な海水のあるところで活発であり、そのために外洋に向いた浅いところに発達する。海岸線近くはむしろ死んだサンゴやサンゴ骨格の破片などが堆積した砂浜となる。

太陽のお恵み
太陽(たいよう)は銀河系の恒星の一つ。太陽系の物理的中心であり、太陽系質量の99.9%を太陽が占める。典型的な主系列星で、スペクトル型はG2V(黄色)である。推測年齢は約46億年で、主系列星として存在する期間の半分を経過しているものと考えられている。 また太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の惑星から見てそれが周りをまわる中心の恒星を比喩的に太陽と呼ぶことがある。

ルイヴィトンへの道
ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)はフランスのかばん職人ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。

<< || 1 2 3 4 5 6 7 8 9 || >>


メール便<全国送料無料>ペンダントヘッド 017 PEWTER製毎日着替えるアクセサリー春夏秋冬 30%オフ!!アジアンウェイなアクセサリーチョーカー
メール便<全国送料無料>ペンダントヘッド 017 PEWTER製毎日着替えるアクセサリー春夏秋冬 30%オフ!!アジアンウェイなアクセサリーチョーカーの詳細.cname{padding:7px 3px 6px;border-top:2px solid #547b0b;border-bottom:2px solid #547b0b;}.descrip{width:300px;padding-right:15px;}.descrip dt{margin:0;color:#658c0c;border-bottom:2px dotted #658c0c;font-weight:bold;}.descrip dd{margin:0;padding:5px;}ペンダントヘッドチョーカーヘッド  ★デザイン/【イニシャル「G」・モチーフ】ピューター製のペンダントヘッド。メール便送料込みで500円、特別奉仕品です。デザインが豊富にありますのでチェックしてみてください!■サイズ/SIZE最大部の長さが4cm■原材料金属/PEWTER■原産国THAILAND