×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。 始まりは装身目的ではなく呪術的なものであった。外敵から身を守る目的で魔力があるとされる物を常時身につけたのが始まり。支配者階級が出現すると自分の権勢、身分の高さを他者に示す目的で身につけた。宗教が発展すると神とのつながりを目的として十字架など宗教的なシンボルを身につけるようになる。さらに社会が裕福になると一般階級の人間も身につけるようになり、やがては本来の目的ではなく純粋に美しさを目的とした物に変化した。

注目の情報


ビーチサンダルが好き?
ビーチサンダルとは鼻緒が付いた履物の一種。略して「ビーサン」、俗に「ゴムぞうり」あるいは単に「ぞうり」と呼ばれるときもある。 一般的にゴムの台とゴム、ビニール、プラスチック、布などでできた鼻緒で構成される。ゴムぞうりと呼ばれるとおり、昭和27年にアメリカ人のレイ・パスティンと内外ゴムの技術者生田庄太郎とでゴムで作られた草履が起源である。和歌山県周辺の方言では「水雪駄」と呼ばれる。日本で発明され、現在では日本国外でも熱帯地方や夏場のファッションとして広がっている。 英語では「フリップフロップ Flip-flops」(歩く時のパタパタという擬音から)、「トング Thongs」(鼻緒の意)、スペイン語やギリシア語では「サヨナラ」(日本語から転用された言葉)と呼ばれている。

どのサンダルが好き?
サンダル (sandal) は、足全体を包まず、紐やバンドなどで足に止める履物の総称である。古くからある履物の種類で、様々な材質・形式のものがある。 なお、この定義では下駄や草履もサンダルの一種ということになる。日本においては下駄や草履はサンダルに含めないことが多いが、ゴム製のサンダルを「ゴム草履」と呼ぶことはある。 現代において、サンダルはフォーマルな場で着用されることはまずなく、遊びや日常生活の中で履かれる傾向が強い。仕事においても、デスクワーク専従者は、革靴で足がムレるのを嫌ってサンダル履きで仕事をすることが多い。ただし、かしこまった場での対面が重視される窓口の応対係や外交販売員が着用するのはタブーとされる。

ショートブーツ専門情報サイト
軍隊(軍服)においては、戦闘用の履物としてブーツが採用されることが極めて多い。この軍用ブーツの場合、概ね膝のあたりまである長いブーツを長靴(ちょうか)と呼び、踝と膝の中間のあたりまでの長さのものを半長靴(はんちょうか)と呼ぶ。乗馬本文の騎兵は長靴に拍車を付けていたが、馬が使用されなくなるにつれて長靴は余り使用されなくなっている。しかし、主に第二次世界大戦時までの近代各国軍(例:旧日本陸軍、旧ナチス・ドイツ軍、ソヴィエト赤軍等他)では乗馬本文の有無なしに軍装としての長靴と対になる短袴(乗馬ズボンとも。腿に膨らみがあり長靴の胴部分で隠れる脛の部分は逆に引き締まらせる形)の制定・組み合わせはポピュラーであった(形は乗馬長靴)。が、冷戦崩壊後(主に旧ソヴィエト軍、旧東ドイツ軍)の現代の今日長靴を使用している軍では儀礼用としてのみ使用されることが多く、戦闘用としては編み上げタイプの半長靴(編上靴)が主流である。なお、戦闘任務以外では普通の革靴が着用され、これは短靴(たんか)若しくはオックスフォードと呼ばれる。

ロングブーツ専門情報サイト
高いブーツの一部には、紐や取っ手がついていて、着用を容易にする仕掛けが施されている。ドイツにはブーツを履こうとしていた子供が、この紐を引っ張っていて気がついたら空を飛べるようになっていたという物語がある。この取っ手や紐を諺として様々な場面で用いている。 ブーツには様々な言い回しや諺、慣用句がある。熟練した労働者を作業用に履いている頑丈なブーツに例えて、"tough as old boots"(古びたブーツと同じくらい頑丈だ)と言う。また、漫画などでは釣りに行ったのに1匹も魚が釣れずに困っている状態を、ソールが壊れたボロボロのブーツを釣り上げさせることで表現する。

ブーツ専門情報サイト
少なくとも踝までの足、多くの場合それ以上を覆う履物(本項で詳述)。 機械の屈曲・摺動部の潤滑材料などを保持するために用いられる耐油ゴム製のカバー(代表的なものが自動車のブレーキシリンダーやのブーツ)。

コスメの研究!
化粧品(けしょうひん)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。 日本で一般に薬用化粧品といわれる、薬用効果を持つ化粧品は、薬事法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、欧米ではそのような概念はないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがある。 以下では断り書きがない限り、日本での事例について取り扱う。

バッグ通販の物知り博士
鞄(かばん)は、荷物の運搬を目的とした取っ手がついた主として革や布でできた袋状の服飾雑貨のこと。バッグとも言う。服飾雑貨として認知されない袋状のものは取っ手がついていても単に「袋」と呼ばれ、主に収納目的のものは「ケース」と呼ばれることが多い。

財布通販・販売チェック!
財布(さいふ)は、紙幣や硬貨を保管するための袋。 皮革が主流であるが、布やポリ塩化ビニル、紙が素材として使われる。また、紙幣や硬貨以外にも、クレジットカードや運転免許証、定期券、名刺等を入れることができるようになっているものが多い。また紙幣を入れず小銭専用の小銭入れもある。

アクセサリー通販・販売チェックマニア?
装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。 始まりは装身目的ではなく呪術的なものであった。外敵から身を守る目的で魔力があるとされる物を常時身につけたのが始まり。支配者階級が出現すると自分の権勢、身分の高さを他者に示す目的で身につけた。宗教が発展すると神とのつながりを目的として十字架など宗教的なシンボルを身につけるようになる。さらに社会が裕福になると一般階級の人間も身につけるようになり、やがては本来の目的ではなく純粋に美しさを目的とした物に変化した。

指輪通販・販売チェックマニア?
指輪(ゆびわ)は、手の指にはめる輪状の装飾品。宝石を付したものもある。稀に足の指にはめるものもある。歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもある。 素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多い。木やアクリルのものもある。 有史以来存在し、はめる指により指輪に意味があるとされる。左手の薬指につける指輪は「結婚指輪」とされ「聖なる誓い」の意味が付される。結婚指輪については右手の薬指につける国や地域もある。古代ローマにおいては印鑑として用いられた。

<< || 1 2 3 4 5 6 7 8 9 || >>


メール便<全国送料無料>ペンダントヘッド 017 PEWTER製毎日着替えるアクセサリー春夏秋冬 30%オフ!!アジアンウェイなアクセサリーチョーカー
メール便<全国送料無料>ペンダントヘッド 017 PEWTER製毎日着替えるアクセサリー春夏秋冬 30%オフ!!アジアンウェイなアクセサリーチョーカーの詳細.cname{padding:7px 3px 6px;border-top:2px solid #547b0b;border-bottom:2px solid #547b0b;}.descrip{width:300px;padding-right:15px;}.descrip dt{margin:0;color:#658c0c;border-bottom:2px dotted #658c0c;font-weight:bold;}.descrip dd{margin:0;padding:5px;}ペンダントヘッドチョーカーヘッド  ★デザイン/【イニシャル「G」・モチーフ】ピューター製のペンダントヘッド。メール便送料込みで500円、特別奉仕品です。デザインが豊富にありますのでチェックしてみてください!■サイズ/SIZE最大部の長さが4cm■原材料金属/PEWTER■原産国THAILAND